普段の家事もダイエットを意識付けよう!

私は30歳まではダイエットの必要は全くない痩せ体型でした。

 

ですが30歳を過ぎてからは、お腹がぽっこり出るようになり、腹筋などをしても全く効果がなく悩んでいました。

 

「年齢とともにお肉がついてくるのはしょうがないことなのかな?」と思い諦めていたのですが、35歳を過ぎて結婚して主婦になり、家事をやるようになると不思議とお腹がヘコんできたんです。

 

もともとごはんはきっちり3食食べるタイプでしたし、おやつも食べていました。

 

それは結婚後も変わらなかったのですがお腹がヘコんだんです。

 

理由を考えたのですが、結婚前までは事務仕事で1日中座っていました。

 

土日は出掛けることも多く、歩くことも好きだったので1駅歩くこともよくありましたが、それでも引っ込まなかったお腹が1日置きの掃除と毎日の買い物で引っ込んだんです。

 

掃除は掃除機を30分掛けるだけで大量の汗が出ます。

 

それだけ運動してるってことなんですよね。

 

また買い物も行き帰りと買い物時間を合わせると1時間は掛かります。

 

その間はずっと動いているので、どちらも有酸素運動をしていることになります。

 

やはり動かないと痩せない!ということを、私は身を持って実感しました。